スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科のイメージ写真

スポーツによる外傷や障害を負った患者様を対象とした診療科がスポーツ整形外科です。なおスポーツ外傷とは、スポーツ中に発生した1回の大きな外力による突発的な組織の損傷のことを言います。スポーツ障害は、同じスポーツ(競技)を長期的に続けることで、過度の負荷が繰り返されることで生じる組織の損傷のことで、使い過ぎ症候群などとも呼ばれます。当院では、これらの診断・治療を各競技種目による傷害の特殊性も考慮しながら慎重に行います。

スポーツ医の指導によるリハビリ

また当診療科は、できるだけスポーツ外傷・障害を負う前の状態まで運動能力を回復させたいと考えている患者様に対して、再発予防を目的としたリハビリテーション(リハビリ)も行っています。

なお院長は日本体育協会認定スポーツ医・日本医師会認定スポーツ医で、アジア大会・オリンピック帯同や、野球チームの専属ドクターを務めていた経験もあるなど、スポーツ医療に精通しています。リハビリでは、その院長の指導のもと在籍する理学療法士(PT)※が運動器リハビリテーション(理学療法)を行います。

PTは、身体や運動機能が最大限まで回復できるよう、また患者様が行っているスポーツの特殊性も考慮しながら、筋力強化、ストレッチング、運動動作指導などの適正な運動療法プログラム(リハビリメニュー)を組むことで、治療および再発の予防にあたっております。当院は、早期回復および今後の予防医療にも注力しています。

※理学療法士(PT):けがや病気などで体に障害のある方や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職(国家資格)です。座る、立つ、歩くなどの動作ができるように、体の基本的な機能の回復をサポートします。

部位別によるスポーツ外傷とスポーツ障害

頸部

スポーツ外傷

  • 頸部(頚髄、頸椎)損傷
  • バーナー症候群

肩・上腕

スポーツ外傷

  • 投球骨折
  • 肩鎖関節
  • 肩関節脱臼
  • 各骨折

スポーツ障害

  • 野球肩
  • 水泳肩
  • 上腕二頭筋長頭筋障害
  • 肩峰下インピンジメント症候群

胸部

スポーツ外傷

  • 胸鎖関節脱臼
  • 骨折

スポーツ障害

  • 助骨疲労骨折

肘関節、前腕

スポーツ外傷

  • 肘関節
  • 前腕 脱臼
  • 骨折

スポーツ障害

  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • 離断性骨軟骨炎
  • 尺骨疲労骨折

手、指

スポーツ外傷

  • スキーヤー母指
  • 槌指

腰部

スポーツ外傷

  • 椎体骨折
  • 横突起骨折

スポーツ障害

  • 脊椎分離症

大腿

スポーツ障害

  • 大腿骨疲労骨折

骨盤、股関節

スポーツ外傷

  • 骨盤裂離骨折
  • 股関節脱臼

スポーツ障害

  • 坐骨結節骨端症
  • 骨盤疲労骨折
  • 大腿骨頸部疲労骨折

脚の筋肉

スポーツ外傷

  • 肉離れ・筋断裂
  • 筋挫傷

膝・下腿

スポーツ外傷

  • 半月板損傷
  • 膝十字靭帯損傷
  • 膝蓋骨脱臼
  • 後十字靭帯損傷
  • 膝関節脱臼
  • 内側側靭帯損傷
  • 外側側靭帯損傷
  • 膝窩筋断裂

スポーツ障害

  • 離断性骨軟骨炎
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • 腸頸靭帯炎
  • 鵞足炎
  • シンスプリント
  • オズグッド・シュラッター病
  • シンティングラーセン・ヨハンソン病
  • 膝蓋骨疲労骨折
  • 脛骨疲労骨折
  • 腓骨疲労骨折

スポーツ外傷

  • アキレス腱断裂
  • 足関節靭帯損傷
  • 足関節脱臼

スポーツ障害

  • シーヴァー病
  • アキレス腱炎・周囲炎
  • 足底腱膜炎
  • 中足骨疲労骨折
  • 踵骨疲労骨折
  • 舟状骨疲労骨折