PFC-FD治療とは

PFC-FD治療のイメージ写真

血小板の働きを活用するPRP治療を応用した治療法です。

怪我をするとカサブタができて痛みを抑えて傷を修復しますが、それには血小板が放出する成長因子が関係しています。PFC-FD治療はこの血小板が持つ成長因子を取り出して患部に注射することで、炎症を抑えるとともに患部の環境を整えて疾患改善を期待する治療法になります。

PFC-FDは自身の血液から作成されるため拒絶反応や副作用が少なく、また、採血と注射で完了するという特徴から保存療法と手術の隙間を埋める治療としてスポーツ選手を中心に活用が始まっており、当院ではこのたびPFC-FD治療を始めました。

対象疾患

PFC-FD治療のイメージ写真 PFC-FD治療のイメージ写真
  • 変形性膝関節症
  • 腱板損傷
  • 靱帯損傷
  • 筋腱付着部の炎症
  • テニス肘、ゴルフ肘など

PFC-FD治療について

①効果

PFC-FDを関節内に注射することで、痛みや腫れといった症状の緩和が期待できます。その効果は個人差があるものの持続力が高いので、その間に積極的に運動療法に取り組むことで以前よりも関節の環境を改善することでQOL(生活の質)を高めていく治療になります。

②簡便性

凍結乾燥することで保存期間も保てるようになりました。
当院がおこなうPFC-FD治療は抗炎症成分再生を促す成分を高濃度抽出したものを製剤化したものです。

また、施術自体は採血と注射によって行われますので手術や入院といった必要がなく、日常生活への支障が少ない治療法です。施術後はすぐに帰ることができます。

③安全性

ご自身の血液をもとにした治療であることから拒絶反応や副作用といったリスクが少ない治療法です。ただし、注射特有の痛みや、まれに注射後に腫れが出る方がいらっしゃいますが一週間ほどで落ち着くことがほとんどです。

成長因子の投与で期待できる効果

成長因子の働き

  • 抗炎症作用:
    血液中の血小板内には、炎症を抑える働きをもつ成長因子が含まれています。
  • 修復促進:
    血小板に含まれている成長因子は、自己修復に必要な細胞増殖を促進させます。
  • コラーゲン産生促進:
    血小板に含まれる成長因子による線維芽細胞の増殖は、骨や血管を作るために欠かせないコラーゲンの産生を促します。

PFC-FDに含まれる成長因子

PFC-FDには、血小板由来の様々な成長因子が同量の血液よりも多く含まれています。
傷の修復に不可欠なこれらの成長因子を関節内に注射することで、痛みを和らげたり、損傷部位の修復が期待できます。

治療の流れ

問診・診察

関節の痛みや違和感の程度、そしてこれまでの治療についてお伺いし、PFC-FD治療の適応かどうかを確認いたします。

採血・検査・加工

患者様の前腕から50mlほどの採血をおこない、特定細胞加工物製造施設に安全に輸送します。
感染症の検査をおこない、問題なければ清潔な環境で血液からPFC-FDの作成を行います。

治療

PFC-FDを注射します。
ご希望に応じて2箇所まで注入することが可能です。
入院・手術は不要です。
(PFC-FDは半年間保存可能です。)

診察

概ね1週間後と1ヶ月後に診察します。

リハビリテーション

よりよい効果を得るためには患部への適度な負荷が必須であることから、術後のリハビリは非常に重要です。

このような方は、治療を受けていただけません。

血液採取を行い、感染症検査(HIV・HBD・HCV・梅毒・HTLV‐1)で陽性反応が出た方は、治療を受けていただくことはできません。
その場合、血液検査費用のみご負担いただきますのであらかじめご了承ください。

治療後の注意点

痛みを感じている間に、安静にし過ぎてしまうと、治療部位が固くなり長期的な痛みにつながる場合があります。可能な限り継続的にリハビリテーションを行いましょう。

施術当日の入浴は避けるとともに、PFC-FDの注入部は清潔に保ってください。

注入後数日間、血流の良くなる行為(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒)を行うことで、痛みが強くなる場合があります。この症状は、治療効果に差はありませんが、あまりに痛みがひどい際はご相談ください。

PFC-FD治療 料金

PFC-FC注射

  • 180,000円(税別)

血液検査(感染症検査 陽性の場合)

  • 15,000円(税別)

※自費診療となるため、保険は適用されません。