リハビリテーション科とは

リハビリテーションのイメージ写真

主に疾病やケガなどが原因で何らかの障害や後遺症として現れている状態を医学的な取り組みにより、可能な限り改善し、日常生活動作の自立を図ることを目的に行うのがリハビリテーション(リハビリ)で、正確には医学的リハビリテーションとも言います。なお、リハビリは医学的な面以外にも、教育的、職業的、社会的という側面から行われることもあります。

この医学的リハビリテーションの中でも整形外科の対象となるのが運動器リハビリテーションです。同リハビリには、理学療法(運動・物理療法)、作業療法、義肢・装具療法などがあります。

当院では主に理学療法を用いて、運動療法としては、関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練などにより、痛みや可動域制限、筋力低下、筋機能低下、バランス低下に対しての治療を行います。また物理療法としては、アメリカトレーナー協会で推薦されている機器を備えており、こちらを利用します。なお、これら運動器リハビリテーションにつきましては、当院に在籍する理学療法士が医師の指示のもとで行います。

また患者様の状態に合わせた「自主トレーニング法」や「日常生活上の注意点」などについても丁寧にアドバイスいたします。

運動療法と物理療法について

運動療法

身体全体または身体の一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指していく治療法が運動療法です。予防や治療の目的で、歩行練習、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善に取り組むメニューとなっています。患者様ご本人の自然治癒力を増進させるのが目的ですので、高い効果が期待できます。

物理療法

物理的な作用を加えることで身体の治療を行うのが物理療法です。温熱や電気、氷といった物理的な刺激により、それに対する生体反応を利用して機能の改善を目指すというものです。
当クリニックの特長は院長が日本レーザー治療医学会・日本光線力学学会および、日本レーザー・スポーツ医科学学会の役員を務めている事から、光の持つ効を利用した物理療法を積極的に行っています。